本文へスキップ

一般社団法人 日本爆発物探知犬セキュリティ協会

TEL. 03-3473-1814

〒108-0074 東京都港区高輪1丁目5番21号

協会概要



<設立趣意>
 

 昨今の情勢下、テロ対策は国際社会が一致団結して対応すべき重要課題となっています。特に、隠蔽性があり、発生時の被害・インパクトが大きく、しかも、発生蓋然性が高い無差別爆発物テロに対して有効な対策を講じることは、国際社会にて共通の重大な関心事・課題となっています。欧米諸国では、爆発物探知機器等の開発・使用と併せ、「爆発物探知犬を活用したテロ対策」が進んでおり、軍事使用は勿論の事、空港等、不特定多数の人々が集う・出入りする所には常時、複数の爆発物探知犬が熟練ハンドラーと伴に配置されています。

 期様な状況下、日本にても、爆発物テロに対する有効な予防手段として、「爆発物探知犬を活用したテロ対策」が広く、かつ的確に認識され、同手法の導入が深く、かつ適切に社会に浸透することが大変重要になっています。「一般社団法人 日本爆発物探知犬セキュリティ協会(ジェデックス)」は、「爆発物探知犬を活用したテロ対策」の啓蒙・普及活動及び関連の活動・事業を行うことにより、日本社会、ひいては国際社会の安全・安心に貢献することを目的に、2012年5月31日、設立されました。同協会は、「安全・安心の促進」を合言葉に、政治的に中立・無色を根本とし、会員は専門・立場に関係なく、同主旨に賛同する個人・団体とします。





<役員名簿>


  • 理事長  CEO&COO 鈴木 修美(東都警備保障(株)会長CEO、TCM研究会代表)
  • 副理事長 CFO     河合 英史(元日本ウジミナス(株)代表取締役社長)
  • 専務理事 事務局長  木 史朗(東都警備保障(株)代表取締役)
  • 執行役員理事    佐藤 哲哉(古河電工(株)監査役、元経済産業省官房審議官)
  • 執行役員理事    末森 満 ((株)国際開発ジャーナル社代表取締役社長・元国際協力機構役員)
  • 理事        市川 隆治(一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター理事長、元国土交通省官房審議官)
  • 理事        六反田 亮(防衛医大 名誉教授 医学博士)     
  • 理事        安部 隆志(元陸上自衛隊 陸将・補給統制本部長)
  • 理事        中村 雄二 大阪経済大学客員教授、元外務省特命全権大使)
  • 理事        篠塚 保  東京理科大特命教授・千葉科学大客員教授、元外務省特命全権大使
  • 監事        田多井 宣和(田多井宣和法律事務所 所長 弁護士)
  • 顧問        森口 泰孝(東京理科大学副学長・理事長特別補佐、元文部科学事務次官)    
  • 顧問        長島 英雄(一般財団法人 日本車両検査協会理事長、元経産省東北通産局長)
  • 顧問        緕R 信也(一財 海外産業人材育成協会理事長、元経産省地域経済産業審議官)
  • 顧問        柴生田 敦夫 (富士石油株式会社 代表取締役 社長、元財務省 関税局長)
  • 名誉顧問      阿部 信泰(日本原子力委員会委員、元外務省特命全権大使)
  • 技術参与      北森 雅明(大阪府警)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                         (2018年5月1日現在)


<協会の目的及び活動・事業>

当法人は、爆発物探知犬を活用したテロ対策等の啓蒙・普及を目的とし、その目的に資するため、次の活動及び事業を行う。(定款第3条)

(1) 爆発物探知犬を活用したテロ対策等、防犯・防災活動

(2) 上記促進・普及のための安全・安心セミナー等の開催

(3) 爆発物探知犬の調達及び訓練

(4) 爆発物探知犬ハンドラーの育成・教育

(5) 上記(1)〜(4)関連の書籍等の発行

(6) その他、前各号に関連する活動・事業
                   
      

                   

<組織図>






一般社団法人 
日本爆発物探知犬セキュリティ協会

〒108-0074
東京都港区高輪1丁目5番21号

TEL 03-3473-1814
FAX 03-3473-2744